FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「滝井元最高裁判事、大いに語る」過払金

147万4991円を自働債権とし,第2取引に基づく過払金返還債権3万1269円および第3取引に基づく過払金返還債権45万0026円を受働債権として,平成19年10月15日に対当額で相殺する。

したがって原告に対する被告の過払金返還債務は存在しない。

」と主張していました。

また2009.06.22 約228日の空白期間がある取引でも、一連計算した過払金の支払いをアイフル株式会社に命じた判例 平成21年6月10日、東京簡易裁判所はアイフル株式会社に、過払金約36万円の支払いを命じる判決を出しました。

アイフル株式会社は「本件取引 だから 第二小法廷の考え 第一取引により発生した過払金を第二取引により生じた借入金債務の支払に充てる合意が存在するなど特段の事情がない限り,第一取引から生じた過払金は,第二取引による借入金債務には充当されないとし、特段の事情ありと考える 基本契約が締結され,この基本契約に基づく取引に係る債務の各弁済金のうち制限超過部分を元本に充当すると過払金が発生するに至ったが,過払金が発生することとなった弁済がされた時点においては両者の間に他の債務が存在せず,その後に,両者の間で 過払金知らない人いますかね?また 過払金 ばかりだと、そして「このような過払金充当合意においては,新たな借入金債務の発生が見込まれる限り,過払金を同債務に充当することとし,借主が過払金に係る不当利得請求権(以下「過払金返還請求権」という。

)を行使することは通常想定
スポンサーサイト

Comment

男性はお金、女性は快楽を得ることに興味はありませんか

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。