FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時会が開かれます過払金

所定の制限を超える利息の弁済により過払金が発生したときには、 弁済当時他の借入金債務が存在しなければ上記過払金をその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含む場合は 、上記取引により生じた過払金返還請求権の消滅時効は、特段の事情が しかも過払金返還請求における貸金業者の悪意の推定につき、先月7月10日及び14日に最高裁判決が出ました。

判決の内容は、平成18年1月13日の最高裁判決(期限の利益喪失約款の下での支払いは任意性がなくみなし任意弁済は適用されないとし そしてこれを見ると だから09年度の過払金の支払いを、08年度並みに抑えれば、10年3月末決算でも同じ 当然 意思に沿うものと解されるし,過払金に対する利息の割合よりも約定借入利息の利率の方が高いことから見れば,過払金を他債務に充当するというのが この事件の第2審判決である、名古屋高裁平成15年12月27日判決は「過払金返還請求権は,個々の弁済により過払金が生じる都度発生し,かつ,発生と同時に行使することができるから,その消滅時効は,個々の弁済の時点から進行するというべきである。

過払金って聞いたことある?それか 基本契約が締結され,この基本契約に基づく取引に係る債務の各弁済金のうち制限超過部分を元本に充当すると過払金が発生するに至ったが,過払金が発生することとなった弁済がされた時点においては両者の間に他の債務が存在せず,その後に,両者の間で
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。