FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■平成21年7月17日最高裁判決(過払い利息は,過払金発 ...過払金

消費者金融の過払金の例が参考になるのではないかと思いますが、そもそも、もともと法律では法定利息を超える部分は法的に無効で支払う必要がなかったわけです。

過払金返還訴訟でも、弁護士さんはテレビに登場しても、「弁護士さんのおかげで助かり また 過払金の債権者(元債務者?)に対しても、「借入金債務の弁済スケジュールの変更を依頼する予定」なのでしょうか? もっとも、「借入金債務の免除や 過払金債権は出資者としての債権者ではないので、そう心配することは無いのかもしれ しかも それが、今では困る人がいるどころか、「過払金問題」と言って、サラ金業者側が困る問題になっているだけだし、弁護士vs司法書士っていう縄張り争い問題が付随的に発生しているくらいなもんだ。

そのことは、選挙では何も言わなくなっている。

同社を買収したかざかファイナンス(現ネオラインキャピタル)が過払金返還の支援を約束したために、取り下げられていました。

しかし、その後も、同社は、過払金の返還に誠実に対応してきませんでした。

そのため、2度目の債権者破産を申し立てられたのです。

過払金は置いといて、それか ここ数年の弁護士の急増化を何とか支えてきた過払金返還請求バブルも、終わりが近い。

ウチのような地方も、もう新人弁護士を受け入れる余地が、ほとんどない。

仕方ないな、大増員を承知で、すなわち過酷な競争にさらされることを承知で
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。